Main Act
のんびり絵を描いたりしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイマス動画・音楽の視聴・制作のお供にヘッドフォン
ヘッドフォン娘。アイマスで考えた等を通じてヘッドフォンに興味持った方たち向けにちょっとまとめてみました。
アイマス公式のMLシリーズなんかにもヘッドフォン推奨な感じの曲もありますしねー。
対象は主にPCで音楽聴いたり動画を見たりする方に。
ヘッドフォンに元々興味ある方にとっては特に何かあるような記事は書いてません。
それよりこうじゃない?なんていうこともあるんじゃないでしょうか。
そういう方には是非突っ込みなり何なり入れてください。
それほど詳しいってわけじゃないので参考程度に軽く考えてみる程度でいいと思います。
とりあえず実体験による泥沼化を防ぐという方向で考えてみました。
安価なものを買うと手が出しやすいために次から次へと手を出してしまいそうになるので、最初から少し頑張ったくらいが今まで使っていたもの等からの向上も感じられると思うためです。

それでは以下から。
まずはコレがないと始まらない。
・お勧めのヘッドフォン
ATH-A900 バランス、コストパフォーマンス、装着感良し。フラットな音質でドンシャリ系に慣れてると淡々としすぎに感じてしまうかもしれないが逆にその違いに感じるものがあるかもしれない。
DJ1 PRO テクノなど打ち込み系の曲向きとして評価高い。明るくノリがいい。見た目や質感は人をちょっと選ぶかな?そのノリの良さのため最初に選ぶと他に移れなくなってしまうかも。1つめより複数所持する場合向けではあるがこれ1つでいいという方にも。
portapro 楽しく聴くならとにかくコレ。蒸れない、装着感軽い。この中では安価。繊細さなどには欠ける。ポータブル用なのでケーブルは短いため延長ケーブルが必要となりそう。
DR150 コストパフォーマンスが高いことで有名。ヴォーカルの艶やバランスがいい。打ち込み系は苦手か。HD595もよさそうだ。

+αとしてコレ。
K701 オールマイティで割と機材もソースも選ばない、環境なりにいい仕事をする。高価だがコストパフォーマンスはいい。ただしうっかり手を出すと段々と見合った環境を整えたくなるので注意。

いい音はまずここから。
・サウンドカード
SE-90PCI 説明不要なくらい定番。まずはこの辺りから。上位機種のSE-200PCIもいい。
PRODIGY HD2 ADVANCE ノーマルのHD2と価格はさほど変わらないのでこちら。ヘッドフォンアンプ内蔵でヘッドフォン直挿し可能。駆動させやすいヘッドフォンの場合音量が出過ぎることもあるのでPCのボリュームに注意。

PCIの空きスロットがなかったり1つで済ませたい場合に。
・USBオーディオ 
DenDAC 軽量・小型。見た目はともかく音質はなかなか侮れないものがあるらしい。ボリュームはPC側で調整するため面倒に感じることも。
SE-U55SX 多彩な入出力端子やスタンドなど使い勝手がいい。PCを起動しなくてもオーディオセレクターとして使用可能。

ヘッドフォン端子を持たないサウンドカードのRCAから変換して直結というのはよろしくないらしいのでボリュームの調整などにはコレが必要。
・ヘッドフォンアンプ
AMP800 入門機。音量取りたい、ボリューム調整したい場合に。安いが通常のRCAピンケーブルでは繋がらないのでピンジャック⇔フォンプラグ(大)変換コネクタかDPR020等のピンプラグ⇔フォンプラグのケーブルを使うといい。ただしケーブルの使いまわしが効きにくい。
imAmp ポータブルにも使えるヘッドフォンアンプ。オペアンプというパーツを交換可能である程度改造可能。
Dr.DAC2 USB入力、光・同軸デジタル入力有。DAC内蔵ヘッドフォンアンプでこの辺になると少々高くなる。imAMPと同じくオペアンプ交換可能。
HD53R 二つのヘッドホン出力を持ちそれぞれ独立してボリューム調整可能。ヘッドフォンを複数所持している場合の聴き比べに便利。

大体こんなところでしょうか。
後は環境ごとに軽く触れてみます。

・サウンドカードをまだ入れていなくてそこそこの環境にしたい方。
サウンドカード・USBオーディオ
denDAC、SE-U55SX、PRODIGY HD2 ADVANCE
ヘッドフォン
DR150、HD595、ATH-A900
コストパフォーマンスが高いヘッドフォンとアンプの要らない構成。
アンプを挟まないことでケーブルに投資するようになりだす病気も回避。
しかしATH-A900は他のものも欲しくなる典型的なタイプのものかもしれない。
この辺りが一番楽しい頃。
SE-U55SXはUSBケーブル接続なので高品質のものに手を出したりするかもw
ノートPCの方はUSBオーディオのdenDAC、SE-U55SXを。
自分は持っていないのですがPRODIGY HD2 ADVANCEは気になる存在です。

・RCA出力・デジタル出力を持ったサウンドカード等を既に持っている方。
ヘッドフォンアンプ
imAmp、HD53R、Dr.DAC2
アナログ出力のみで使うつもりならimAmp、HD53R。
後にDA53等を買い足してステップアップも考慮するならHD53Rがよさそうです。
DACとしても使うならDr.DAC2がいいのではないでしょうか。
ヘッドフォン
ここからは好み次第。相性もあるので組み合わせにも注意。
HD53RはDJ1 PROとの組み合わせだと粗が目立ちやすいとのこと。
割と色々と合うのはDr.DAC2か。

・音源はオンボードでいい、とにかくヘッドフォンだけでも、できれば安くという方。
それならばいっそポータブル用途にも使えるportapro、上記には挙げませんでしたがPX200、PX100、K412P、K414Pに延長ケーブルや前面ヘッドフォン端子等を使用して使うということも。
PX200、K414P以外は開放型なので音漏れしまくりのために人が多い場所では使えないので注意。
K414Pはマイナーチェンジ前のK26Pを使ったことがありますし、K412P以外はいずれも使ったことがありますがどれもなかなか気に入ってました。

自分が出来るのはここまでくらいですかね。
全部を持っていたりしたわけでもないですしレビューサイトを参考にしてたりするので詳しくはレビューサイトを見て回ったり質問したりするといいと思います。
それと試聴できる環境にいる方はやっぱり自分の耳で聴いてみるといいと思いますよ。
何より自分の好みにあうかどうかが一番大事ですから。

以下参考にしてるサイトや買い物に使ってるところをリンクしておきます。
レビューサイト
ヘッドホンナビ
イイ!ヘッドホン!
He&Biのヘッドホンサイト
他2chのAV機器板等

ショップ
サウンドハウス
楽天市場
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://minatop.blog15.fc2.com/tb.php/58-72af0a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。